Robot Japan blog

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ROBOGAMES 2011 in San Francisco | main | ROBOGAMES 2011 in San Francisco 報告会実施のお知らせ >>

ROBOGAMES 2011 in San Francisco 2日目

なにを隠そう、こちらは、今、朝の7時半。9時には、ホテルを出発なので、その前に、このブログをアップします。まずは、昨日の参戦成績。Freestyle (kit class)で、第1位が、RobotJapan 1stで、MVPに輝いた、Team Veltrobo、第3位にオメガ堂のソマリちゃんが、選ばれました。
Freestyle (original class)で、ロボット・ジャパンのライトフット柴田のサンダーが、第1位。「ロボットプロレスできんのか!」に所属するガルーと流血仮面によるパフォーマンスが第3位。日本勢のロボットが、フリースタイルの上位をしめ、日本のヒューマノイド・ロボットの素晴らしさを世界に示せたと思います。加えて、Biped Race (R/C)にも参加した、サンダーは、第3位入賞でした。 
また、Kung-Fu (MiddleWt-R/C)のKENTAも、本日3日目、準決勝に進出です。ここには、過去、ロボワンにも参戦した経験のある韓国勢が強敵として残っています。 そんな、みんなの活躍の間、テディーベアカズミンや、着物のカズゴンは、こどもたちや、女性たちの人気者になっていました。カズミンは、R2D2とも、ともだちになりました。ここでも、ともだち作戦、成功です。 最後に、MechWars (airsoft)は、主催者側の問題もあり、正式に参戦することはできなかったものの、日本同士が対戦するエキシビオジョンを実施。ロボでサバゲ!のノボリサカのアーノルド・スタローンが、かづひさんの協力によるインターネット経由での日本からの操縦で参戦。現地ではKENTAのオペレーションにて、イガアのヴァンガが迎え撃つ、日本同士が対戦した。日本からの操縦に関しては、日本側でオペレーションをしたノボリサカの感想によると、「4秒から10秒の遅延がみられたが、イケル気がした!」という力強い感想だった。来年が、楽しみだ!日本での状況は、散財さんのHPで、告知されています。また、1日目のサッカーの試合も、レムさんのHPで報告されました。
robogames | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.robotjapan.jp/trackback/9
この記事に対するトラックバック